西洋史研究室掲示板II



カテゴリ:[ 子供/学校/教育 ]


6件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[6] 西洋史ゼミ 西洋史講読の記録

投稿者: hikaru 投稿日:2016年10月 4日(火)19時10分15秒 219-75-253-238f2.kns1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

2016年10月4日(火)14:50-18:05 西洋史ゼミ
報告1)北アリルランド紛争の記憶と和平への葛藤について
報告2)アメリカ公民権運動の進展

2016年10月3日(月)16:35-18:05 西洋史講読Ⅱ
今後のスケジュールと英語テキストの分担

2016年9月13日(火)14:50-18:05 西洋史ゼミ
報告1)ホロコーストの実行過程について
報告2)イギリス東インド会社のインド統治が、インド人の生活や意識にどのような変化をもたらしたのか




[5] 西洋史ゼミ 西洋史講読の記録

投稿者: hikaru 投稿日:2016年 6月27日(月)21時48分59秒 150.86.146.189  通報   返信・引用

2016年5月30日 西洋史講読Ⅰ 16:35-18:05
近藤和彦『民のモラル-ホーガースと18世紀イギリス-』「第4章 騒ぎとモラル」

2016年5月31日 西洋史ゼミ 14:50-18:05
第1報告:「デンマークのユダヤ人はなぜ助かったのか」
第2報告:「ブルースについて」

2016年6月6日 西洋史講読Ⅰ 16:35-18:05
近藤和彦『民のモラル-ホーガースと18世紀イギリス-』「第5章 ホーガースの黙劇 2つの文化の併存 権力と群衆」

2016年6月13日 西洋史講読Ⅰ 16:35-18:05
『十字架と三色旗-近代フランスにおける政教分離-』「はじめに」「あとがき」「第1章 カトリック的フランスの解体」

2016年6月14日 西洋史ゼミ 14:50-18:05
「ドイツにおける「子どもの権利」と「親の権利」」

2016年6月20日 西洋史講読Ⅰ 16:35-18:05
『十字架と三色旗-近代フランスにおける政教分離-』「第1章 カトリック的フランスの解体」「第2章 <転向>聖職者の陳情書-カプララ文書の世界」

2016年6月23日 西洋史ゼミ 16:35-18:05
報告:「貴族とブルジョワ」

2016年6月27日 西洋史講読Ⅰ 16:35-18:05
『十字架と三色旗-近代フランスにおける政教分離-』「第3章 文化革命としてのフランス革命」



[4] 西洋史ゼミの記録

投稿者: hikaru 投稿日:2016年 5月24日(火)19時00分55秒 150.86.48.133  通報   返信・引用

2016年5月24日 14:50-18:05
第1報告:「民衆女性の仕事」
第2報告:「ヴィクトリア朝期イギリスにおける「貧困者」へのまなざし」



[3] 5月16-23日 西洋史講読 西洋史ゼミの記録

投稿者: hikaru 投稿日:2016年 5月23日(月)20時15分58秒 150.86.48.133  通報   返信・引用

西洋史講読Ⅰ
2016年5月23日(月)16:35-18:05
近藤和彦『民のモラル ホーガースと18世紀イギリス』第3章「一揆のパターン」「規律・法・正当性」
西洋史講読Ⅰ
2016年5月16日(月)16:35-18:05
近藤和彦『民のモラル ホーガースと18世紀イギリス』第3章「史料のレベル」「1756-57年の食糧一揆群」
西洋史ゼミ
2016年5月17日(火)14:50-18:05
「アイルランド問題における民衆の願い ―海を渡る幾千のアイルランド人とアイルランドのナショナリズムについて―」



[2] 2016年4月~ゼミの記録

投稿者: hikaru 投稿日:2016年 5月23日(月)20時08分8秒 150.86.48.133  通報   返信・引用

西洋史ゼミ 卒論・修論報告
2016年5月11日(火)14:50-18:05
第1報告:修論報告「ドイツの歴史教育と「子どもの権利」」
第2報告:卒論報告「ヴィクトリア朝期イギリスにおける「貧困者」へのまなざし-新救貧法と自由主義的貧困観に着目して-」

西洋史講読Ⅰ 3回生ゼミ報告
2016年5月9日(月)16:35-18:05
報告 テキスト 近藤和彦『民のモラル-ホーガースと18世紀イギリス』(筑摩書房、2014年)の第2章「1 日付の象徴性と政治文化」「2 ジョージ治世元年の群衆」+第3章「7年戦争の初年に」。

西洋史講読Ⅰ 3回生ゼミ報告
2016年4月25日(月)16:35-18:05
報告 テキスト 近藤和彦『民のモラル-ホーガースと18世紀イギリス』(筑摩書房、2014年)の第1章
「2スキミントンに出くわす」「3 制裁の儀礼と文化の歴史」+第2章「年号と暦」。

お久しぶりです  投稿者:San.da  投稿日:2016年 4月30日(土)23時47分41秒
   こんにちは。2016年に卒業しました、さんだです。みなさんお元気ですか。
HPは更新されたのかなぁ…と覗いてみましたので、ついでに足跡を残していきます 笑。
この1ヶ月、中学校での勤務は大変でした。報告書も複数、書かされました。卒論で文章を書く練習をした分、やはり、「文章がきっちり書けている」と周りの方から評価していただいています。卒論の成果は今にもつながっているんですね。
また大阪へ行く際には、連絡させていただきます。

西洋史ゼミ 卒論報告  投稿者:hikaru  投稿日:2016年 4月26日(火)16時08分11秒 編集済
   2016年4月26日(火)14:50-18:05
西洋史ゼミ
第1報告「北アイルランド紛争における和平合意と住民の願い」
第2報告「黒人音楽の変化とその時代について」

西洋史ゼミ 卒論報告  投稿者:hikaru  投稿日:2016年 4月19日(火)21時20分47秒
   2016年4月19日(火)14:50-18:05
1.イギリス東インド会社について
2.反ユダヤ主義、ホロコーストについて

西洋史講読Ⅰ 参考文献  投稿者:hikaru  投稿日:2016年 4月19日(火)12時46分28秒
   E.P.トムソンについて:
エドワード・P. トムスン(2003):市橋秀夫, 芳賀健一訳『イングランド労働
者階級の形成』青弓社。

イギリス史概説:
1)近藤和彦(2013):『イギリス史10講』岩波書店。
2)川北稔編(1998):『イギリス史』(新版 世界各国史 11) 山川出版社。
3)今井宏編(1990):『世界歴史大系 イギリス史 2 近世』山川出版社。
4)村岡健次、木畑洋一編(1996):『世界歴史大系 イキ゛リス史  3 近現代』山川出版社。
5)井野瀬久美惠編(1994):『イキ゛リス文化史入門』昭和堂。

近藤氏の著作:
1)近藤和彦編(1999):『西洋世界の歴史』山川出版社。
2)近藤和彦編(2002):『長い18世紀のイギリス : その政治社会』山川出版
社。
3)近藤和彦編(2015):『ヨーロッパ史講義』山川出版社。
4)柴田三千雄ほか(1990):『民衆文化 シリーズ世界史への問い6』岩波書店。

次回に関して:
1)森洋子編(1981):『ホガースの銅版画 : 英国の世相と諷刺』岩崎美術
社(双書美術の泉 ; 48)。
2)ピーター・バーク(1988):中村賢二郎, 谷泰訳『ヨーロッパの民衆文化』
人文書院。
3)ミハイル・バフチン(2007):杉里直人訳『ミハイル・バフチン全著作』第
7巻(「フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネサンスの民衆文化」他)、水
声社。

西洋史講読Ⅰ 3回生ゼミ報告  投稿者:hikaru  投稿日:2016年 4月18日(月)18時29分57秒
テキスト:近藤和彦『民のモラル-ホーガースと18世紀イギリス』筑摩書房(ちくま学芸文庫)2014年。
本日の報告:あとがき×2(著者・目的・背景)、凡例、地図、Edward Palmer Thompson、歴史を見る目、第1章の1「女房売ります」

西洋史ゼミ 卒論報告  投稿者:hikaru  投稿日:2016年 4月14日(木)21時20分29秒
2016年4月12日 14:50-16:20 「ヴィクトリア朝期イギリスにおいて『貧困者』に向けられたまなざし」



[1] 掲示板が完成しましたキラキラ

投稿者: teacup.運営 投稿日:2016年 5月23日(月)19時39分0秒 150.86.146.219  通報   返信・引用

ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。


レンタル掲示板
6件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.