teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


御教示乞う

 投稿者:髙島  投稿日:2012年 7月12日(木)21時32分15秒
  四日市大学にて体育史学の立場から力石を研究する者です。「炎天の松の根かたの力石(岡田詩音)」の句の拙著への掲載許可および吟詠地などを御教示いただきたいのですが、takashim@za.ztv.ne.jpまで御連絡乞う。http://www.za.ztv.ne.jp/takashimには力石に関する俳句など1300作品以上を掲載しています。多くの方から力石に関する句をお寄せいただければ幸いです。

http://www.za.ztv.ne.jp/takashim

 
 

会員外でも投稿は出来るのですか。

 投稿者:仲川紘風メール  投稿日:2011年 5月29日(日)19時17分29秒
  はじめまして、会津より那須高原に移住し23年目の仲川です。
今年2月から、那須塩原市 黒磯駅前 元気ほん歩にて「つはぶき俳句会」で、古希の手習いで俳句を始めたばかりです。毎月の会報を編集・印刷製本まで私が自宅でボランティアで作業をして会員に提供したり、ブログにUPも致しております。

那須高原は、この5月22日(日)に、那須御用邸の二分の一を宮内庁から環境省に移し、日光国立公園・那須甲子地区に編入され、「那須平成の森」として無料のふれあいの森ゾーン、有料のガイド付ゾーンなど素晴らしいハイカーばかりか俳句人の吟行コースに最適です。ぜひ、私の案内ページをご覧下さい。アドレスは、那須平成の森http://blogs.yahoo.co.jp/yumeproj8864/folder/1452116.html
です。どなたでも自由にご覧下さい。

草の花俳句会への投稿が、無料投稿出来るのでしたら、那須高原での作句を投稿したいと思いました。
取り合えず、ブログをお気に入りに登録し、日々の俳句勉強に拝見させていただきます。那須・仲川
 

俳句っていいなあ

 投稿者:九齊メール  投稿日:2009年 5月25日(月)05時54分43秒
  脳の活性化に貢献しています  

ご冥福をお祈り申し上げます。

 投稿者:畔上慶子メール  投稿日:2004年11月 8日(月)19時13分34秒
  はじめまして、突然書き込みしまして申し訳御座いません。
本日二女、藤田典子さんより、藤田あけ烏先生の悲報を
お知らせ頂き検索をかけてはじめてHPに立寄らせて頂きました。
私は典子さんの十代の頃からの友人です。12年というお付き合い
のなかで典子さんから伺うご尊父様の素晴らしい功績とお人柄に
かげながら尊敬申し上げ著書も読ませて頂いておりました。
今回このような悲しい事になり驚きと信じられない気持ちで
いっぱいです。走馬灯のように典子さんとのこれまでの歳月が
蘇り、そのつど藤田あけ烏先生についてのお話を伺った事を
想いおこし目頭がただただ熱くなるばかりです。
心よりのご冥福をご祈念申し上げます。
 

ご冥福を祈ります

 投稿者:浜元 さざ波メール  投稿日:2004年11月 6日(土)18時58分53秒
  この度の先生の訃報に接し、まさに巨星墜つの感が致します。茫然自失の状態です。私は草の花に入会したのが平成15年9月でしたから、丁度1年間、「しらかし句会」、「神奈川句会」でご指導をいただいたことになります。一日も早く俳人として自立させてあげようとの先生のお気持ちだったのでしょう、句会は時に厳しく、そして愛情あふれるものでした。この正月にいただいた「日当たりの奥の笹山初庚申」の短冊は私の家宝となります。実は先生が入院される少し前に、句会の後の懇親会で先生に「さざ波」の俳号をいただきました。もしかしたら、先生に俳号をいただいた最後の門下生ということになるのかも知れません。俳人「さざ波」として先生に教えていただいた草の花の精神をこれからも持ち続けていきたいと思います。あけ烏先生有難うございました。ご冥福をお祈り申し上げます。  

皆様に感謝いたします

 投稿者:藤田 典子メール  投稿日:2004年 9月24日(金)23時33分53秒
  父(藤田 あけ烏)の入院により、皆様に大変お世話になっております。
本来であるならば皆様一人一人にご挨拶申し上げたいのですが、お顔を合わせる機会も中々ございませんので、こちらの掲示板を利用させて頂きます。どうぞお許し下さい。

皆様には様々なところで支えていただき感謝の気持ちでいっぱいです。人のありがたさをしみじみと感じております。
遠方よりお越しいただいた方、何度も足を運んでくださる方、忙しい中お越しいただいた方、様々な品物を送って下さる方、など。
本当に心より感謝いたします。父も大変喜んでおります。

父より皆様のご活躍はその都度、耳にしております。父は皆様との縁は時に親子の縁より深くなることがあるといっていました。

皆様には人生の先輩として私達3人(長女・二女・長男)へご指導頂ければ幸いです。
右も左も分らず、皆様に甘えてばかりですので、どうぞ遠慮なくご指導下さい。

そして、これからも父への暖かい心、応援をよろしくお願いいたします。

                              二女  典子

 

主宰近況

 投稿者:辻 男行  投稿日:2004年 8月17日(火)01時56分40秒
  8/14土曜 五十嵐唐辛子さんと辻男行の二名にて、柏句会&編集部として
主宰のお見舞に行きました。主宰はお元気にて、ロビーでいろいろお話して頂きました。
各方面の原稿依頼などで今もお忙しいとのことです。検査結果に基づき来週から加療開始とのことで丁度良い時にお見舞出来ました。          辻 男行



 

六合さんへのご回答

 投稿者:烏山九齊  投稿日:2004年 8月 5日(木)15時44分33秒
  暫く、このホームページを見ていなかったので、ご回答が遅れ申し訳ございませんでした。俳句資料の内容は、従来の草の花資料とは異なり、私の身近な若い俳句初心者に俳句の基礎を勉強してもらおう、と思って、リクェストに応えるつもりで、今まで溜めていた、資料を掲載しております。要望に応じて増やしていこうと思っております。ですが、著作権の問題がありますので、このような方法をとりました。六合さんが、何か勉強したいということで、「こういうことを知りたい」とのご要望を出して頂ければ、その回答を掲載するという方法をとりたいと思います。この方法で如何でしょうか。  

俳句資料

 投稿者:六合メール  投稿日:2004年 7月25日(日)20時48分45秒
  俳句は初心者ですが、草の花のHP楽しく読まさせていただいております。しばらくぶりに貴HP覗いたところ、俳句資料の閲覧にはパスワードが必要とありますが、どのようにしたら入手できるのでしょうか?ご教示ください。  

黒南風が

 投稿者:辻 男行メール  投稿日:2004年 4月21日(水)00時20分59秒
  夜ふけてから黒南風が吹きつのっています。たまたまコンタクトしたホームページの充実には
吃驚しました。明日はまた気温が上がりそうです。千葉駅から間違って電車を反対方向に乗ってしまい、気付いたら東京駅にゆくべきが、五井まで行ってしまいました。あのあたりはもう代掻きが始まっていました。これも一つの収穫でした。帰宅して足立区俳句大会欠席投句を清記、投函しました。「帰る度蕾濃くなる君子蘭」他二句。ではまた。
 

レンタル掲示板
/4